FP資格勉強法

AFP認定研修とはどういうもの?最終的には課題の提案書を提出する

投稿日:

FP資格には国家資格のFP技能士と民間資格のAFP、CFPの2種類が存在します。

民間資格のAFPはFPをするのであれば取得しておきたい資格となるのですが、AFPを取得するにはAFP認定研修を受講しないとなりません。

AFP認定研修と言われるものは一体どういうことをやるのだろうと気になったりしませんでしょうか。

研修を受講するのにかなり時間がかかったりすると、面倒くさくなり挫折することもあります。

安易に考えて何も調査せず受講してしまって、後から後悔と言うことにもなりかねません。

AFP認定研修を受講する前に、何を行うのかを知ってから受講しても遅くありませんよ。

というわけで、今回はAFP認定研修の内容についてご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • AFPの取得を考えている
  • AFP認定研修の内容を知りたい
SPONSORED LINK

AFP資格の取得はAFP認定研修が必須である

AFP資格の取得を考える場合、以下を満たさないとAFPに認定されません。

AFP認定条件

・FP2級に合格
・AFP認定研修の修了

上記の通り、AFPの資格取得にはFP2級の合格AFP認定研修を修了が必要となるのです。

FP2級の合格は試験勉強をすればよいのですが、AFP認定研修はどのようなことをするのでしょうか。

最終的には課題に対する提案書を提出して、合格点を取れれば認定研修が修了となります。

順を追って説明しますね。

SPONSORED LINK

AFP認定研修は日本FP協会が認定する教育機関で実施される

AFPは民間資格で日本FP協会が認定しています。

AFP認定研修は日本FP協会が実施しているのではく、日本FP協会が認定する教育機関で実施されています。

ほとんどが通信教育なので、自宅に教材、課題が送付されそれをこなしていくというものです。

AFP認定研修は、資格スクールの大手なども実施していますので、ネットで調べればすぐに出てきますよ。

AFPの取得を考える場合は、まずはAFP認定研修を受講する教育機関を決めるところから始まるのです。

AFP認定研修の内容

AFP認定研修の内容ですが、選択する資格スクールによって様々です。

しかし、日本FP協会が基本的な内容を提示していますので大きくぶれることはありません。

提案書の提出というのはどこも同じです。

出題される内容が異なることがあります。

最終的には提案書を提出するとなっていますが、日本FP協会のHPでサンプルや提案書作成ツールなどが公開されています。

日本FP協会 提案書サンプル

このような提案書を出題された内容に沿って作成していくのです。

内容的には、相談者の当初のキャッシュフロー(収支計画)がマイナスとなるため、どのようなことをして収支をプラスにもっていくかとの提案を行うのです。

作成するにもボリュームがありますし、自分の言葉で提案していかないといけないので、ちょっと難しく感じるかもしれませんね。

ただし、勉強した内容を当てはめていくという形になっていますので、自分で調べることはありますが、内容に沿って対応していけば課題はクリアしていくはずです。

難解な問題は出てきませんので、研修をちゃんとこなしていれば十分合格はできるでしょう。

資格スクールの研修内容によっては、丁寧に提案書の作成を説明しているものもありますので、ボリュームはありますがそう難しくないと思います。

作成するのに手間がかかるのは研修ですので、勉強と割り切って対応していきましょう。

AFP認定研修のまとめ

AFP認定研修は提出された課題に対して提案書を作成して提出することになります。

提出された内容が6割取れれば修了となります。

FP2級の合格とAFP認定研修の修了がそろえば、AFP認定の登録を行うことができます。

FPを目指すのであれば、AFPは是非とも取得しておきたい資格です。

AFP取得を足掛かりに、CFP、FP1級を取得する方も大勢いらっしゃいますよ。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FP資格勉強法

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.