FP試験情報

FP3級合格者がAFP取得を目指す場合は認定研修は後が良い?

投稿日:

FP資格には国家資格のFP技能士と民間資格のAFP、CFPが存在します。

まずFP初心者が目指すのは国家資格のFP3級ですよね。

見事合格すると3級FP技能士と名乗ることができます。

FP資格を取得すると気になるのが民間資格AFPです。

AFPを取得すると、FPとして継続的に教育することができたり、研修でFPとしての人脈を広げることができたりとメリットも多くあります。

近場でFPの仲間を探すのも大変ですから、そういうのを利用すると良さそうですよね。

そこで気になるのがAFP資格を取得するにはどうしたらよいのか。

AFPになるためには、FP2級の合格とAFP認定研修の修了が条件となっています。

AFP認定研修については、受講するタイミングというのが存在します。

FP3級に合格した方であれば、先にFP2級に合格したほうが良いのかそれとも先にAFP認定研修を修了しておいた方が良いのか。

今回は、この辺りにスポットあててご紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • FP3級合格後でAFPに興味がある
  • AFP資格について取得を考えている
  • AFP資格の認定研修について知りたい
SPONSORED LINK

AFP認定研修の内容

AFP認定研修を修了し、FP2級に合格するとAFP資格の登録する条件を満たせます。

登録申請をすれば、AFP資格を取得できるのです。

AFP認定研修は日本FP協会が認定する資格スクールが実施しています。

基本は通信講座で受講し、最終的には課題に対する「提案書」を提出し合格点を取れれば修了となります。

しかし提案書の作成には、結構時間がかかります。

FP2級の試験勉強と提案書作成をこなさないといけないので、受験生はかなり大変な思いをするのです。

ただし、FP2級に合格している人は話は変わってきます。

FP2級に合格している人は、試験に関係なくゆっくりと提案書を作成することができるのです。

SPONSORED LINK

AFP認定研修は基本課程と技能士課程がある

AFP認定研修は、FP2級を取得しているか否かによって研修の種類が異なります。

AFP認定研修は2種類あって、「基本課程」と「技能士課程」が存在するのです。

基本課程は一般の方向けの研修で、FP3級に合格していない方などが受講します。

FP3級に合格していなくても、AFP認定研修基本課程を修了すればFP2級の受験することができるので、このコースを選ぶ方は多くいらっしゃいますね。

こちらの場合はFP2級試験前に正確にはFP2級試験申し込み前に修了しておく必要があります。

一方、技能士課程はFP2級に合格している人も向けの研修となります。

基本課程と違ってFP2級合格者向けの研修のため、基本課程より短い期間で研修を修了することができます。

研修費用も安くなるのがメリットですね。

AFP認定の条件の1つ、「FP2級に合格していること」がすでに満たしているため、AFP認定研修技能士課程を修了することによりAFP認定登録を申請できます。

特に時間的縛りがないので、ゆっくりと研修をすることができるのが特徴です。

FP3級合格者はFP2級合格を先に目指す

AFP認定研修の基本課程は、FP3級に合格していない人向けと言っていいので、FP3級に合格している人は先にFP2級に合格してからAFP認定研修を受講したほうが何かとメリットの方が大きいです。

FP2級試験に集中できますし、FP2級合格後はいつでもAFP認定研修を受講でき、費用も安く済みます。

AFP認定研修の基本課程は、FP3級に合格せずにいきなりFP2級に受験できる方法として利用するといっても過言ではないかと思います。

FP3級合格者は迷わず、先にFP2級合格を目指して、FP2級合格後にAFP認定研修技能士課程を受講しましょう。

まとめ

AFP認定研修はうまく利用するとFP3級に合格せずにいきなりFP2級にチャレンジできるなどのメリットがあります。

FP3級合格者がAFP資格を取得したい場合は、FP2級に合格することに集中しましょう。

その後にAFP認定研修を受講すれば、ゆっくりと落ち着いて提案書を作成できますよ。

AFPはCFPの取得を考えているのなら、取得が必要な資格となります。

計画的な資格取得を考えましょう。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FP試験情報

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.