FP3級試験 FP試験情報

FP初学者なら必ず迷う!FP3級の実技試験はどれを選ぶべきか

投稿日:

FP3級の試験は、午前学科試験と午後実技試験の2部構成となっています。

また、試験団体がFP協会ときんざいの2団体あり、それぞれ実技試験の内容が異なります。

FP初学者にとって一番悩ましいのが、試験団体が2団体ある、実技試験が異なるということですよね。

他の資格試験ではあまり見られない、入り組んだシステムとなっています。

初めてFP試験に挑戦しようと思ったときに、さてどれを選べばよいのかなと誰でも思ってしまうわけです。

FP3級であればどれを選んでもあまりたいした差はないのですが、できれば自分自身に合った試験を選んだ方が良いですよね。

今回はFP初学者のあなたに、FP3級の実技試験はどのように選ぶべきなのかをご紹介します。

こんな方におすすめ

  • FP3級の実技試験をどれにすればよいか悩んでいる
  • FP3級の実技試験のことを知りたい
SPONSORED LINK

FP3級実技試験は3種類ある

まず初めに認識していただきたいのが、FP3級の実技試験は3種類存在していると言うことです。

3種類から1つを選ばないといけないのです。

これは試験を申し込む時には決めておかないといけませんので、FPの勉強を始める段階で決めることになります。

FP3級の実技試験の種類は以下の通りです。

FP3級実技試験

1.資産設計提案業務 (FP協会)
2.個人資産相談業務 (きんざい)
3.保険顧客資産相談業務 (きんざい)

FP協会で受験する場合、実技試験は「資産設計提案業務」のみしかありません。

そのため、FP協会でしか受験しないと決めている方は実技試験は「資産設計提案業務」と自然に決まります。

きんざいは「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」の2種類の実技試験を実施しています。

きんざいで受験する方は、どちらかを選択しないとならないのです。

基本的には、どの実技試験で受験するか選択してから試験団体に申し込むことになります。

そのためまずは3種類の実技試験の内容を確認していきましょう。

SPONSORED LINK

資産設計提案業務と個人資産相談業務は似ている

FP3級を受験するほとんどの方が「資産設計提案業務」か「個人資産相談業務」で受験されます。

その理由は、出題される内容が生活に直接つながるものとなっているからです。

FP3級の受験生は、お金のことについて勉強したい、家計を改善したいと考えている方が多くいます。

そのような方にとっては、この実技試験がとても適しているのです。

FP3級を受験する方のだいたい70%の方がどちらかで選択しています。

どれを選んだらよいか悩んだら、このどちらかを選べばよいです。

出題の内容は特に差はありませんので、FP協会ときんざいのどちらで受けたいかで決めればよいかと思います。

保険に詳しい方は保険顧客資産相談業務

保険について詳しい方、保険のことについて勉強していきたい方はきんざいが実施する「保険顧客資産相談業務」を選択するのが良さそうです。

保険についての問題が多く出題されますので、いかに保険の知識について勉強しているかが問われる実技試験となります。

保険会社に勤めている方や将来保険について勉強していきたいという方が受験するのに向いている試験と言えますね。

この「保険顧客資産相談業務」で受験される方は、FP3級で約30%となります。

保険会社に勤めている人が「保険顧客資産相談業務」で受験されていることが多いです。

午後実技試験をどれで受けるかを決まったら試験団体が決まる

試験の申込にあたっては、どの実技試験を受験するかで申し込む試験団体が決まります。

まずは、3種類ある実技試験を確認して決めましょう。

実技試験が決まれば、問題集なども用意しやすくなります。

まだ悩まれている方は、きんざいの「個人資産相談業務」をオススメします。

独学で勉強するにあたって、問題集も充実していますし、受験地もFP協会と比べて多いです。

地方の方は受験地も重要になってきますので、受験地で決めても良いですね。

受験生はどちらで受けるべき?FP協会ときんざい(金財)の違い

人気資格であるFP技能士。 資格を取得したくて調べていくうちに必ずぶつかる壁があります。 それは、試験団体が2つあるということ。 日本FP協会ときんざい(金財)の存在です。 FP資格は、国家資格なので ...

続きを見る

FP3級に独学で合格するための勉強法

国家資格の中では比較的簡単に取得ができるFP3級技能士。 学生から社会人、主婦に至るまで、仕事に関わる方だけではなくお金の勉強をしたいという方にも非常に人気の国家資格です。 FP3級試験は、受験資格が ...

続きを見る

まとめ

FP3級試験はFP初学者向けの登竜門ですが、実技試験は3種類から選ばないといけないという初心者には分かりづらくなっています。

まずは実技試験のことを理解しないとなりません。

FP初学者なら「資産設計提案業務」か「個人資産相談業務」で考えれば問題ありません。

最初は分かりづらいと思いますが、ここで理解しておけば今後上位資格を目指すときに大体わかってきますので、あまり気にすることではありませんよ。

これからFP目指す初学者の方の参考になればと思います。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FP3級試験, FP試験情報

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.