FP資格勉強法

FP資格試験は最後まで諦めない!試験前日と当日の勉強方法

投稿日:

FP資格の試験日が近づくとどうしてもソワソワしてしまいますよね。

知らない問題が出たらどうしよう、勉強していないところが出たらどうしようと心配になるものです。

もうここまできたら、今までやってきた自分を信じるしかないのも事実です。

もう残された時間はあまり残っていませんから。

ただ、この残された時間でもまだまだ挽回するチャンスは残っているのです。

勉強はやり切った人、最後まで予定通り進まなかった人と置かれている状況は様々ですが、試験当日の最後の最後まで諦めないでくださいね。

まだまだ残されている試験前日、当日の勉強方法をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • FP試験の前日を迎えた方
  • FP試験に向けて不安な方
  • FP試験勉強が思うように進まなかった方
SPONSORED LINK

試験前日は軽めの勉強でリラックス

勉強が終わっていない方は、試験日前日でも諦めずに勉強することが大切ですが、あまり詰め込め過ぎないようにしましょう。

新しいことを詰め込むと、以前覚えたことを忘れてしまう可能性があります。

できれば、今まで勉強したことの復習が一番効果的です。

苦手なところ、問題集で間違えが多かったところを中心に、見直すことが前日の勉強としては効果的です。

試験当日に同じ問題が出されても解けるようにしておきましょう。

また、面倒くさい計算問題や公式を覚えておくことも大事です。

試験当日に公式は復習できるように、まとめておきましょう。

試験当日に必ずここは見るという箇所をまとめておくのも良いですよ。

FP試験前日の過ごし方が合格のカギを握る

試験というとFP3級、2級に限らずなんでも該当しますが、ドキドキと不安が入り混じりますよね。 本当にこれで良かったのか、やり残したことはないのか。 いろいろなことを考えてしまいます。 試験前日となると ...

続きを見る

SPONSORED LINK

寝不足は禁物!試験前日は早く寝ることが大切

試験日の前日は寝る時間を早めに設定しておきましょう。

勉強が終わっていない方は徹夜してでもやり切りたいという気持ちはあるかもしれませんが、寝不足で迎える試験では良い結果が出ません。

勉強が足りないと思われる方は、徹夜するのではなく朝早く起きて勉強するほうが効果がありますので、早起きでの勉強をオススメしますよ。

勉強が一通り終わっている方は、試験前日は早めに就寝しましょう。

と言っても、中には試験のことでいっぱいで緊張して眠れない方もいると思います。

そういう時は、布団に入って目を瞑っているだけでも十分休めます。

体と頭をしっかり休ませるようにしましょう。

試験当日は復習に焦点をあてる

試験当日の勉強時間はかなり限られます。

朝起きた時、試験会場に着いたとき、お昼休みぐらいしか時間がないと思います。

オススメは朝起きた時です。

ちょっと早めに起きて、勉強するのは寝ぼけた頭を活性化させるためにも効果があると思います。

試してみてはいかがでしょうか。

FP試験に合格するための試験当日の過ごし方

FP試験当日はドキドキですよね。 今まで行ってきた勉強の成果を試すときとなります。 もう悪あがきしても仕方ありません。 自分を信じて、試験問題と向き合うだけです。 FP試験は1日かけて行われます。 午 ...

続きを見る

朝起きた時の勉強

試験当日はちょっと早めに起きて勉強時間にあてましょう。

ここではちょっと時間がかかる計算問題などを解くと頭の回転が良くなってきます。

ガッツリ鉛筆をもって問題を解くというのは、ここで最後となりますのでちょっと面倒くさい問題を解いていきましょう。

朝が苦手だという人は特にここまでしなくても良いですが、試験のことで頭がいっぱいで早く起きしまったという方とかにも朝の勉強はオススメですよ。

試験開始前の試験会場で勉強

試験会場には早めに入ると思いますが、試験開始の20分前までは勉強をすることができます。

試験開始20分前から試験の説明が始まりますので、テキストなどはしまうように指示が出ます。

勉強できるのは試験会場に到着してから、試験の説明が開始するまでと思ってください。

ただ、試験会場での勉強ですが、なかなかガッツリと勉強することができません。

せいぜい、テキスト・問題集を眺める程度となります。

試験前日までに、試験当日にここのポイントは抑えておこうとか、ここだけは見ておこうというところをチェックしておき、そこを中心に見るようにしておきましょう。

周りの受験生も同じようにテキストを開いて、チェックしているポイントを確認している人が多いです。

その程度しか勉強はできませんので、あまり意気込んで勉強してやろうと思わないでくださいね。

お昼休みの勉強

FP3級、2級の試験は、午前と午後の2部構成になっていますので、お昼休みを挟みます。

午前の学科試験が順調に終わった人は、試験開始から60分後に退出可能ですので、お昼休みを最大2時間半確保することができます。

ただし、お昼休みも勉強することはあまりできないと思ったほうが良いです。

運よく、カフェや喫茶店でランチを取りながら勉強できたという人もいますが、なかなか席が空かなかったとか、休店していたとかでうまくいかないものです。

私が受験した時は、カフェ等も受験生でいっぱいでしたので、試験会場近くのベンチで軽食を取りながら、テキスト・問題集を眺める程度しかできませんでした。

受験生が多い会場だと、ベンチなども取り合いになりかねませんので、まずは席を確保する必要がありますね。

たまに試験会場の教室を解放してくれるところがあります。

そういうところであれば教室を使えますが、すべてがそのような対応をとっていませんので、会場に行ってみないと分からないということになります。

教室は飲食禁止というところもありますので、ランチを取るときは注意が必要ですね。

お昼休みも、午後の実技試験に向けて自分が苦手とするところ復習にあてたほうが良いです。

実技試験はパターン化されているので、その出題パターンを覚えるとか、そのようなことに注力したほうが良いですね。

試験開始は13時半からですので、割と勉強する時間はあると思います。

この時間を有効に使うためにも、事前に準備しておいたほうが無難です。

まとめ

試験当日に向けて、事前に準備しておく必要がありますが、その準備が合格につながるカギとなります。

限られた時間の中でいかに効率的に勉強するのか。

試験当日は、試験に集中できるように体調等もしっかり管理してください。

ここまできたらもう自分自身を信じるしかありません。

今までやってきた勉強を試験にぶつける気持ちで合格を目指してください。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FP資格勉強法

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.