FPの基礎

FP資格を取得すると日常生活におけるメリットがいっぱい

投稿日:2018年12月23日 更新日:

FP資格を取得すると日常生活において非常に得をするとよく言わています。

将来の自分自身の夢や子育て等において、これから待ち構えているイベントに対しては、ある程度お金が必要になってきます。

結婚、マイホームの購入、車の購入、子供の教育費、老後の生活費等々。

これらの備えに対して、準備の計画はできていますでしょうか。

これから予定されているイベントに対しては、お金に困らないようにしていきたいですよね。

うまく計画をすることである程度お金のコントロールはできるようになります。

自分の収入、支出を見極めて、いつまでにいくら貯めることができるのか、あるイベントに対してどのくらいの費用を捻出することができるのか、事前のシミュレーションが重要になってくるわけです。

FP資格を取得するとそのようなことをある程度予測できるようになるのです。

日本人は、お金の知識は低い方と言われています。

なぜなら、学校などで教わる機会がないからです。

教わっていないから分からないのは当然で、損したくない人はしっかり勉強しているのですね。

今回は、FP資格を取得すると実生活に対してどのように役立つのか、メリットをご紹介していきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • FP資格が何に役立つのか知りたい
  • FP資格のメリットを知りたい
SPONSORED LINK

将来のイベントに備えることができる

冒頭申した通り、FP資格を取得することでこれから起こりえる人生のイベントに対してお金の面で準備をすることができるようになります。

FP資格取得の勉強をすることで、ライフイベント表やキャッシュフロー表、バランスシートの作成などを学びますので、それらを活用して何年後にどのくらいの費用が必要なのか、いくらお金が貯まっているのかを確認することができるのです。

「将来のことなんて分からないよ」と言われるかもしれませんが、分からないからこそ備える必要があるのです。

お金がなくてお金に振り回される人生になりたくないですよね。

FP資格を取得することで、このような将来に対する備えを身につけることができるのです。

SPONSORED LINK

家計の見直し、節約ができるようになる

FP資格の勉強をしていくと、社会保険のことや年金、税金の知識を身につきます。

実は、国が保証してくれる社会保険は、結構手厚かったりするのです。

そのことを知らずに、生命保険、損害保険、医療保険に入ってしまうと、過剰に入ってしまっていたりします。

保険は毎月支払っていると思いますが、毎月結構な支払いの割合を占めていたりするのです。

保険の見直しをするだけで、毎月の支出をかなり減らすことが可能になります。

もう一つ重要なのが、税金の知識。

所得税、消費税、固定資産税とみなさん何も意識せずに支払っていると思いますが、実は払いすぎてしまっている可能性もあるのです。

そのような場合は、確定申告などをすると戻ってくるのですが、税金の知識を知らずにいるとそのような手続きも行えない。

確定申告って難しいイメージがありますしね。

ただ、国の制度は申告や申請をしないと返ってこなかったり、もらえなかったりするのです。

制度を正しく理解することで、節税や節約をできるようになるのです。

周りからの評価が上がる

ファイナンシャルプランナーや金融業界に勤めている方以外でも、FP資格を取得されている方はたくさんいます。

その方たちは、普通に会社員や主婦だったりするのです。

そのような方が周りにいたらどうですか?

気軽に相談とかしてみたくなりますよね。

家族や友人にお金のことに困っていることがあれば、相談にのってあげてアドバイスをすることができるのです。

結構、相続とか遺産分割などでもめたりしますからね。

相続などは自分自身にも関わりがありますので、そのような場面に直面した場合はあなたの資格知識が役に立ったりするのです。

そうなれば、お金のエキスパートして、あなたの評価も上がりますよね。

商品の知識に詳しくなれる

今までは保険は営業員に言われるがまま契約していた方も多いと思いますが、FP資格を取得することで本当にこれは必要なのかと検討することができるようになります。

今では、営業員も契約が欲しいのであの手この手で危機感をあおって、契約を取ろうとしてきますが、FP資格を持ってますというだけで結構まともな話を持ってきたりするものです。

そのような営業員とは付き合いたくありませんがね。

ただ、知識を知らないのと知っているのでは、対等に話ができないということです。

もう1つ。金融商品。

あなたが資産運用をしたいと思って、銀行に相談しに行ったとしましょう。

投資信託などを勧めてくると思いますが、購入手数料がものすごく高い商品を紹介されたりします。

今では投資信託は購入手数料はかからない良い商品がたくさん出回っています。

銀行などで相談するとそのようなもの勧めてきますので、そのような場合も知識が役立ったりします。

勉強した方なら、投資信託を購入したいと思ったら、銀行に相談しに行くようなことはしないと思います。

まとめ

仕事で使わないのにFP資格を取得しても大丈夫かなと思われている方は、お金に対する意識が高い方です。

FP資格は日常生活にこんなに役立つ場面が多いです。

あなた次第では、もっと他に活かす場面があることでしょう。

ぜひ取得を目指して、勉強してみてください。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FPの基礎

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.