FPの基礎

社会人に絶対おすすめな資格!FP資格を取得するメリットとデメリット

投稿日:

FP資格は通信講座の中でも人気のある資格です。

FP資格を取得する年齢層的には、社会人や主婦の方が取得する傾向にあります。

給料としてお金をいただく社会人、家庭のお金の管理をする主婦の方がお金の勉強をするために資格取得する人が多いのですよね。

試験会場に行ってみると分かりますが、FP3級試験については女性の割合が非常に多いです。

妊婦の方も受験されていますので、将来のことも見据えての資格取得と考えられますね。

いろんな方が資格取得のために受験されるFP資格ですが、属性によってどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

今回は社会人の方にスポットを当てて、FP資格を取得する良さをご紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • 社会人でFP資格の取得を考えている
  • 社会人がFP資格を取得するメリットを知りたい
  • 社会人がどのような場面でFP資格を活用できるのか知りたい
SPONSORED LINK

社会人におすすめしたいFP資格の良さ

大学まで一所懸命勉強して、やっと社会に出て働きだした社会人。

実は社会人になってから勉強することはいっぱいあるのです。

企業に勤めると、その企業の仕事で活かすための資格取得や商品知識、営業術など日々勉強と言う感じになります。

逆に社会人になってからの方が勉強しているのではないかと思うぐらいです。

社会人になって初めて給料をもらった嬉しさのことを覚えていますか?

初めての給料は親に何かをプレゼントしたり、飲み代に消えたり、貯金したりと人それぞれ思い出があると思います。

これから何十年、その給料=お金と付き合っていかないとならないのです。

社会人1年目ではあまり気になりませんが、社会人2年目になると住民税やら所得税など税金でやたら多く引かれ、手取りが全然残らなかったという経験はありませんか?

税金の知識がないと引かれるままで、そんなものかと思ってしまうものです。

学生まではバイトで給料などをもらっていたかもしれませんが、社会人ともなるとその給料とも真剣に計画的に付き合っていかないとならないのです。

そのお金の使い道を真剣に考える機会が、FP資格の勉強に最適なのです。

稼いだお金はいろんな場面で使われます。

先ほど記載した通り税金もそうですし、保険、資産運用、住宅購入など社会人になってお金を使う機会が増えてくるのです。

そのようにお金を使う場面に遭遇した時に、FPの知識が活かされるのですね。

ココがポイント

・社会人になるとお金を自分で管理する必要がある
・お金を使う計画性が必要となる

SPONSORED LINK

FP資格を社会人が取得するメリット

社会人ともなると稼いだお金を自分でコントールしていく必要があります。

給料は昇給や昇格によって増えますが、劇的に増えることが稀です。

お金を貯めるには、収入を増やして支出を減らすというのが基本となりますが、収入がなかなか増えない時代で支出をどのように抑えていくかというのがポイントとなってくるのです。

FP資格で支出を抑える術を知る

FP資格を取得すると支出を抑える知識を得ることができます。

FP資格を取得したらまず手を付けたいのが、保険の見直しですね。

社会人になって保険のお姉さんのお誘いに何となく契約してしまった生命保険。

本当にその保険額は必要な範囲でしょうか。

保険も毎月支払いが発生していきますから、あなたの家族構成、状況によって必要額と言うのが変わってきます。

FP資格を取得することで、まず必要額を計算して必要な保険に入ると言うことができるようになるのです。

次に手を付けたいのが、税金ですね。

税金は勝手に取られていきますが、確定申告をすることで戻ってくることがあるのです。

また、ふるさと納税なので節税することもできますね。

FP資格を取得することで税金と賢く付き合っていくことができるのです。

ココがおすすめ

・保険の知識に詳しくなれる
・税金について内容を知ることができる

FP資格で収入を増やす

FP資格を取得することで収入を増やすことも可能です。

会社によっては資格取得することで手当がついたり、昇給や昇格の条件となっていることもあります。

そのような制度を活かして収入を増やすと言うことができるのです。

また、稼いだお金で資産運用し見たり貯金してみたりとお金を増やす手段を学ぶこともできるのです。

何も知識がないのに資産運用をして失敗してしまったという方もいますので、どのような金融商品があるのかやそのリスクなどを知ることができるのです。

ココがおすすめ

・資格取得することで昇給・昇格のチャンスが増える
・資産運用などの基本的な知識を身につけることができる

FP資格を社会人が取得するデメリット

こんどはデメリットを見ていきましょう。

資格取得なのでメリットの方が多いのですが、逆に取得するにあたってのデメリットも存在します。

それはズバリ、資格取得するめの勉強時間の確保が難しいと言うことです。

社会人ともなると日々の仕事と人との付き合いなどで、なかなか勉強にあてる時間を確保できません。

何かを犠牲にしないと難しいのです。

資格取得するには、毎日勉強する時間と知識を身につけるための期間が必要となってきます。

勉強時間を確保するために、人付き合いを犠牲にしたりすると周りの人とうまくいかなくなったり、睡眠時間を削ると仕事に支障をきたしたりと、踏んだり蹴ったりの結果が待っているかもしれません。

それだけ、社会人にもなると勉強時間の確保が難しくなるというのを肝に銘じておくべきなのです。

ココがダメ

・勉強時間の確保で人付き合いを犠牲にする必要がある
・睡眠時間が少なくなり仕事に支障をきたす可能性がある

社会人がFP資格を取得するメリットとデメリットのまとめ

社会人は本当に時間の確保が難しいとつくづく感じます。

勉強時間を確保して資格取得するためのモチベーションを維持できるかが1つのポイントとなるでしょう。

FP資格の勉強することでメリットはたくさんあります。

今回紹介したメリットだけでなく、仕事にも生活にも役立つ知識ばかりですので、お金の勉強をしたいと思ったらFP資格にチャレンジするのが一番のおすすめです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FPの基礎

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.