FPの基礎

FPの仕事はどういうものか気になる場合はFP相談会に行ってみよう

投稿日:

FP資格の合格を目指すあなたは、FPの仕事はどのようなことをするのか明確に回答できますでしょうか。

お金についてアドバイスしてくれる人?保険を見直してくれる人?ライフプランニングをしてくれる人?

どれも間違いではありませんよね。

ただ具体的にと言われると躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。

では、FPはどのような仕事をする人なのでしょうか。

よくFP相談会が行われていますが、そこに行くとどのようなことを行っているか明確に分かります。

将来夢見るFPの仕事を間近で見られるチャンスでもありますので、FP相談会に行ってみるとイメージがわきやすいかもしれませんよ。

こんな方におすすめ

  • FP相談会に行ったことがない方
  • FPの仕事がどういうものか知りたい方
SPONSORED LINK

FPは誰でもなれる?

海外ではFPは当たり前の存在となっていますが、日本ではまだまだFPの認知度は低い傾向にあります。

日本国内のFPの資格としては以下の2つがあります。

FPの資格

・国家資格であるFP技能士(1級、2級、3級)
・民間資格であるAFP、CFP

上記2種類の資格があるのですが、資格を取得すると弁護士のように独占して業務を行えるかと言うと、FPはそうではありません。

FP技能士やAFP、CFPと名乗ることができるだけなのです。

なので、「私ファイナンシャルプランナーです」と言うことは、誰でもいえると言うことなのですね。

FPに相談したいと思った場合は、必ず資格を有しているのかを確認したほうが良さそうです。

SPONSORED LINK

お金の相談はしづらい

あなたはお金のことについてFPに相談したことはありますでしょうか。

お金の相談はしづらいというのはほとんどではないでしょうか。

私もお金の相談を誰かにしたという覚えはあまりありませんね。

どのように資産を守っていくべきか、どのようにお金を貯めていけば良いのか、住宅ローンはどのように組んだらよいのか、保険はどれを選べばよいのかなど全て自分で調べていました。

もしかしたら自分の知識が間違っているのかもしれないのに。

お金のことって本当にプライベートのことなので、言いづらいし、聞きづらいですよね。

友達はどのくらいの貯金があるのだろう、保険料はどのくらい払っているのだろう等々。

本当に仲の良い友達じゃないと教えてくれないでしょう。

調べれば平均的な情報は得られます。

お金のあれこれ

・子供一人の教育費 1,000万円以上
・入院1日当たりの自己負担額 19,835円
・1世帯当たりの平均貯蓄 1,820万円
・世帯ごとの年間の生命保険料 385,400円
・高齢夫婦の必要な生活費 月平均27万円

ただ、このような情報を得ても、人それぞれの状況によって準備の仕方も違いますし、平均以上のお金を必要とする場合もあるでしょう。

そのようなときにFPの力が必要となってくるのです。

まずはFP相談会に行ってみる

FPの友達がいるのであれば、その方に一度相談してみどのようなことをやるのか見るのが良いですが、そのような方がいない場合は、FP相談会に行ってみるの良いと思います。

最近よく見かける無料FP相談会がありますよね。

相談にお金をおかけたくないと思う方は、無料FP相談会で良いと思います。

ただし、気をつけないといけないのは、無料ほど高いものはないと言うことです。

ボランティアで商売はできないと言うことです。

ま、1回相談してみるという気持ちで相談してみると良いのではないかと思います。

不安をあおられたり、他の商品を強く進めてくるのようなFPとは付き合いたくありませんしね。

有料でFP相談をしているところは、いろんな相談に乗ってくれると思います。

そちらの方が、FPの仕事はどのようなものなのかをしっかり見れるのではないかと思います。
(信頼に値する人に限ります)

信頼できるFPを見つけるというのもこれからは重要なのかもしれませんね。

まとめ

わかるようでわかりにくいFPの仕事を垣間見る方法をご紹介させていただきました。

無料相談会であれば、どこでもやっているのでちょっと気になるなと言うことがあれば、気軽に相談してみるのも手ですよ。

本当に相談したいのであれば、有料のFP相談を試してみましょう。

このような相談会を通してFPとはどういうものかを直に確認するのも良いですよ。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FPの基礎

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.