FP試験情報

FP試験に合格するための試験当日の過ごし方

投稿日:

FP試験当日はドキドキですよね。

今まで行ってきた勉強の成果を試すときとなります。

もう悪あがきしても仕方ありません。

自分を信じて、試験問題と向き合うだけです。

FP試験は1日かけて行われます。

午前と午後の2部構成。

お昼も挟みますから、まだまだ勉強ができると思われるでしょう。

その時間も活用したいですよね。

今回は、FP試験当日の流れについてご説明します。

こんな方におすすめ

  • FP試験当日の流れについて知りたい
  • FP試験当日の注意事項について知りたい
  • FP試験当日の心構えについて知りたい
SPONSORED LINK

時間に余裕をもって試験会場入りを

まずは試験会場に向かうことから始まりますよね。

試験会場には不測の事態も予測して、なるべく早く入りたいものです。

試験会場によっては、試験開始何分前から開場するなどの記載がありますので確認しておきましょう。

早く来すぎて、まだ試験会場が開いていなかったという事態も考えられますので。

試験会場に早めに入れれば、自分の席で勉強することが可能です。

皆さん同じように勉強していますので、最後まで諦めず復習しましょう。

SPONSORED LINK

試験は途中退席可能

FP試験は午前の学科試験と、午後の実技試験と別れています。

試験時間は以下の通りです。

試験時間

●FP3級
・午前学科試験 10:00~12:00(120分)
・午後実技試験 13:30~14:30(60分)

●FP2級
・午前学科試験 10:00~12:00(120分)
・午後実技試験 13:30~15:00(60分)

各試験は試験開始後60分経過すると、途中退席が可能となります。

FP3級の午後実技試験時間は60分なので、途中退席はできません。

午前学科試験はFP3級、2級の試験に限らず、皆さん早めに切り上げる人が多いです。

早く切り上げて、お昼休みを利用して勉強する人が多いのですね。

60分で途中退出してしまえば、午後の試験開始時間の13:30まで2時間半の時間を確保できることになります。

ただ、勉強をがっつりできるという環境を確保するのは難しいので、皆さんベンチでパンを食べながら簡単にテキスト、問題集の復習をするという感じです。

お昼ご飯は事前に用意

FP試験は午前と午後の2部構成で実施されます。

お昼休みを挟むのですが、どこかの喫茶店に入ってランチを取りながら勉強をしようという考えはもたないほうが良いです。

しっかり食べて午後に備えたいと考えたいのは分かりますが、他の受験生も同じことを考えています。

ランチの店に入ったが満席でなかなか席に着けなかったり、休日はお店がやっていなかったりするものです。

お昼ご飯は、事前にパンなどの軽食を用意しておくことをお勧めします。

試験会場近くのコンビニで買おうとすると、他の受験生が購入済みで商品が品切れということも考えられます。

できれば、前日に用意しておくか、家の最寄りのコンビニで購入しておくことをお勧めしますよ。

あと、脳を活性化させるため、チョコレートなどを用意しておくのも良いでしょう。

午後の実技試験はしっかり見直しを

午後の実技試験は、文章問題を読んで計算していくことがメインとなります。

計算問題となりますので、計算が間違っていないかしっかり見直しましょう。

午後の実技試験も結構時間が余ると思います、FP3級試験は途中退席できませんので余った時間はゆっくりと見直しにあてます。

FP2級試験も時間が余りましたら、もう大丈夫だろうと思うところまで見直してみてください。

それでも時間が余ってしまったら、途中退席でも構わないでしょう。

FP2級試験は、計算問題も複雑で、自分が計算した結果を次の問題でも使用するので、間違えると後の問題も間違えてしまうということになりますので、慎重さが必要となります。

しっかり見直しをすることをお勧めします。

解答は試験問題に転記しておく

試験問題は、持ち帰ることが可能です。

後で自己採点をするために試験問題には、解答した箇所を転記しておきましょう。

これを忘れると、自分が合格点に届ているのかが分からなくなります。

途中退席するときも、試験問題を持ち帰れますので忘れずに転記してください。

試験当日の夜に模範解答が掲示される

きんざい、FP協会とも試験当日の夜には、模範解答がホームページに掲示されます。

先ほど試験問題にマークした解答がここで役立ってきます。

試験が終わって疲れているところですが、最後の仕上げとして答え合わせを行いましょう。

学科試験、実技試験それぞれ6割を取れていれば合格です。

合格に届いている方は、次のステップに進む計画を立てても良いですし、万が一合格に届かなかった方は、次回の試験に向けて計画を立てましょう。

試験が終わった時ぐらいはゆっくり休んでくださいね。

まとめ

FP試験当日は、受検から自己採点までが一連の流れとなります。

自己採点については、次の日以降でも構いませんね。

早く結果を知りたいという方だけ、当日に行えばよいと思います。

試験が終わったら、今まで頑張った自分をほめてあげて、ゆっくり休んでください。

再度勉強するにしろ、気持ちを入れ替えるのはもう少したってからでも大丈夫です。

FP試験1日お疲れさまでした。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FP試験情報

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.