FPの仕事

FP資格だけではもったいない!FPと相性の良いダブルライセンス

投稿日:

FP資格はお金の幅広いジャンルを扱うため、他の資格と組み合わせると仕事において大きなチャンスを得ることが可能となります。

お金に関する国家資格はFPだけではなく、他に専門的な資格がいっぱいあるのです。

そのような資格とFPの資格を持っていることで、ビジネスチャンスは大きく広がります。

FPとして個人開業している人は、他の資格も取得していることが多いです。

いわゆる、ダブルライセンスと言われるものです。

FP資格だけでは踏み入った仕事ができなかったことが、他の資格を取得することで専門的に扱うことができるのです。

独占業務の資格と組み合わせるとものすごい威力を発揮するのです。

ただ、他の資格を取得するとなると資格取得の難易度が気になりますよね。

資格を取得するのに難易度が高すぎて、何年も取得できないと言うことになりかねません。

今回はFP資格取得後に比較的簡単に取得できるオススメの資格をご紹介します。

ダブルライセンスを目指している方に、読んでいただきたいですね。

こんな方におすすめ

  • FP取得後、次の資格取得を考えている
  • ダブルライセンスに興味がある
  • FPとして独立開業を考えている
SPONSORED LINK

ダブルライセンスの優位性

FP資格を取得すると、就職・転職に非常に有利になるかと言うとそうではありません。

FP資格はないよりかはあったほうが良いという程度になってしまいます。

FP資格は名称独占資格のため、FP資格を取得しないとできない仕事と言うのはないのです。

医者であれば医師免許が必要ですし、弁護士あれば司法試験に受からないとなりません。

FPを開業するのに、FP資格は必要ないのです。

就職・転職においては、FP資格があると「お金のことについて勉強してきたのだな」と思われる程度かもしれません。

しかし、そんなFP資格でも相性の良い他の資格を取得することで相手の見方も変わってきます。

FP単体だけでは威力は発揮しないけど、特定の資格と組み合わせると良いのですね。

そんな魅力的な他の資格をさっそく見ていきましょう。

SPONSORED LINK

宅建とFPのダブルライセンス

まず最初は、宅建です。

みなさん宅建と言っていますが、正式名称は「宅地建物取引士」と言う、国家資格となります。

宅建士は不動産に関する専門知識を有するプロフェッショナルです。

建物、土地の売買では、大きなお金が動きます。

不動産の売買や賃借をしたことがある方は、覚えているかもしれませんが、契約の際には必ず重要事項の説明があります。

重要事項の説明が宅建士の主な仕事なのです。

この重要事項の説明は宅建士の独占業務の1つになります。

不動産の売買を伴う企業では、宅建士を一定以上雇用することが国から義務付けられています。

宅建の資格単体だけでも、不動産業界では需要のある資格なのです。

FP資格と組み合わせることで、不動産の売買や資産運用などのコンサルティングを行うことができます。

大体の方は不動産を購入するときに住宅ローンを組みますので、FP知識を活かしてローン返済の目途、収支のバランスなどのアドバイスをして不動産購入の手助けをすると言うことが可能となるのです。

宅建資格の難易度

宅建士の資格試験では、受験資格はありませんので誰でも受験することができます。

試験は年1回ですので、不合格になると次は1年後と言うことになります。

気になる宅建の合格率ですが、約15%を超えるぐらいで毎年推移しています。

合格率20%を切っていますので難関資格の部類に入りますが、FP3級試験のように誰でも受験できると言うことで勉強せずに受験に臨む方も多い傾向にあります。

勉強すれば合格することも可能の資格として、FP資格と相性の良いオススメの資格となります。

行政書士とFPのダブルライセンス

続いては行政書士です。

行政書士は様々な法的な書類を代行して作成するのが主な仕事となります。

行政書士が扱う書類は1万種類以上と言われています。

行政書士は法的に有効な書類の作成や提出を独占業務として扱うことができます。

書類の作成や提出なのでFPとはあまりかかわりがないように思われますが、実は遺産相続、遺言関係において深い関りがあります。

FPは遺産相続、遺言作成の知識を学びますが、具体的な書類の作成は業務として行うことができません。

行政書士の資格を得ることで、それらの相談から書類の作成まで行えることが可能となるのです。

作成できる書類は1万種類以上ですので、FPと相性の良い行政書士の仕事もほかにもありそうですよね。

行政書士資格の難易度

行政書士の資格取得難易度ですが、合格率は約10%前後で推移しています。

合格率を見る限り難関な資格となりますが、行政書士は誰でも受験できます。

記念で受験される方も多いのも確かですので、頑張って勉強すれば1年以内で合格することも可能です。

行政書士の資格を取得すれば、仕事の幅は広がりますので是非とも目指したい資格となりますね。

社労士とFPのダブルライセンス

続いては社労士です。

正式名は、「社会保険労務士」で、社会保険などの法律を扱う国家資格です。

社労士も独占業務を持っていますので、FP資格と合わせると強力な資格に変貌します。

企業に属すれば、社員に対して社会保険のコンサルタントやアドバイスをすることも可能になります。

社労士を持っているだけで、転職・就職にも非常に有利に働き、企業に入ったら従業員に相談業務を行えるという非常においしいダブルライセンスですね。

社労士資格の難易度

非常に魅力的な社労士資格ですが、合格率は10%を上回ることは滅多にありません。

5%を切る年もあり非常に難易度の高い資格と言えます。

また、一定の受験資格があり、学歴、国家資格、社労士にかかわる一定の実務経験のいずれかを満たす必要がります。

誰でも受験することができるわけではないので、受験難易度もあがってしまうのも確かです。

FP資格と一緒に取得できれば、仕事の幅も広がる魅力的な資格であることは間違いありませんので、目指す価値は非常にある資格です。

中小企業診断士とFPのダブルライセンス

最後にご紹介するのは、中小企業診断士です。

中小企業診断士は中小企業の経営コンサルタントをする仕事になります。

経営コンサルタントの国家資格は中小企業診断士のみとなり非常に貴重な資格ですね。

FPも企業向けのコンサルティングに関わることができますので、企業に経営に深く切り込んでいくことができます。

FPとして独立を目指したい方はこの中小企業診断士を取得することで、企業の顧問先を獲得できるチャンスが広がります。

独立したい方は是非とも取得したい資格の1つですね。

もともとFPは個人向けに中小企業診断士は企業向けのコンサルタントなので、扱う相手は別になりますが、FPも企業向けの分野を扱うので親和性は高い資格となります。

企業向けには中小企業診断士の知識を活かして、個人向けにはFPの知識を活かして仕事をしていくことも可能となるわけです。

中小企業診断士の難易度

中小企業診断士の資格試験ですが、1次試験と2次試験に分かれています。

1次試験に合格した方が2次試験を受験することができます。

1次試験に受験資格はありません。

1次試験に関しての合格率ですが、約20%前後です。

まずはこの1次試験を突破しないと2次試験に進めませんので、合格率20%の壁を超えられるかが課題となります。

2次試験では筆記と面接がありますので、こちらも合格率20%前後となっています。

合格するには難易度の高い資格と言えそうです。

まとめ

FP資格を取得したのであればそれをさらに活かすには他の資格を組み合わせるとかなり強力な資格に変貌します。

独立を目指したい方委にとってはダブルライセンスは当たり前になってきていますので、自分の目指す方向性に合う資格を選んで取得することをオススメします。

ダブルライセンスになることで、転職・就職にも非常に有利になります。

独占業務の資格があるとかなり強力と言えそうですね。

FP資格を取得したら更なるレベルアップを目指して、他の資格を取得してみましょう。

ダブルライセンス、非常にオススメです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FPの仕事

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.