FPの仕事

FP資格を活かせる仕事は金融業界だけではない!一般企業にも道がある

投稿日:

FP資格を活かして転職を考えた場合、真っ先に思いつく職業はお金のかかわりのある金融業界ではないでしょうか。

その他、保険業界、不動産業界とFP知識を活かせそうな職業が思い浮かびますよね。

FPとして経験を積みたい場合、金融業界、保険業界、不動産業界以外はないのでしょうか。

FPとして開業している事務所で働くという手もありますが、やっぱり企業に勤めたいと考えると金融、保険、不動産となりますよね。

でも待ってください、一般企業でもFP資格を活かして働くことはできるのです。

今回は、一般企業に勤めながらFPの経験を積んでいく方法をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • FPとして働きたいが、就職先に迷っている
  • 一般企業にFPとして働きたい
  • FP資格を活かす職業を確認したい
SPONSORED LINK

FP資格優遇の企業は金融系が多い

やはり世間一般の認識では、FPとして働く場合は金融系の職業が一番に思い当たりますね。

お金のプロですから、お金の関わる仕事として有名ですからね。

求人公募を見てみても、FP資格を持っていると優遇されるのは金融業界、保険業界、不動産業界ぐらいです。

そこで働きたいと考えている方であれば、FP資格は威力を発揮するでしょう。

ただし、あくまで優遇なので資格を持っているからと言ってものすごく有利になるかと言われるとそうでもありません。

どこの企業も経験者が欲しいわけですから、資格よりも経験のある方、これからの伸びしろがある方を採用します。

資格はないよりはあったほうが良いという気持ちで考えたほうが良いです。

SPONSORED LINK

FP資格を活かせる一般企業の部署

一般企業でもFP資格を活かせる部署があります。

転職までは考えていないけど、せっかく取得した資格だから仕事に活かしたいという方は考えられる道となるのではないでしょうか。

FP知識は社会保険や税金、損害保険等の知識も身につきます。

そのような知識を活かせる部署としては、労務や福利厚生に関連した部署となりますよね。

人事や総務と言ったところでしょうか。

社内にそのようなことを扱っている部署があるのであれば、異動を願い出ても良いかもしれません。

ただし、人事や総務と言う場所は会社の根源をなす部署なので、優秀な人が集まっている印象です。

異動するにも狭き門かもしれません。

転職で一般企業を狙うのもあり

一昔前は1つの会社に定年まで勤めるのが当たり前の時代でしたが、今の時代はキャリアップのために転職する人も多くなってきています。

欧米企業は転職は当たり前で、優秀な人は企業から引き抜きがあるヘッドハンティングが主流ですよね。

日本との文化が違うので何とも言えませんが、日本にも外資系の企業がかなり入ってきていますので、そのような流れになりつつあるのでしょうか。

FP資格を活かす場合、金融業界への転職はFP資格保持で多少は有利に働きます。

しかし、金融業界や保険業界で働きたくないという方もいるでしょう。

そのような場合は、一般企業の経理や総務などの部署の募集をチェックしてみるのも良いかもしれません。

一般企業もFP知識を有している人材を必要としているところがありますから、需要はあるはずです。

転職は経験があるほうが断然有利ですが、FP資格を持っていることをアピールして関連部署に配属と言うことも考えられます。

FP資格が活かせるのは、金融業界の企業だけではないと言ことを分かっていただければと思います。

FP資格を活かせる仕事のまとめ

FP資格はFP知識が前提の企業に勤めたいのであれば有利に働くことはもちろんですが、一般企業にも部署によっては優遇されることがあります。

そう考えると、どの企業にもFP資格、知識は活かせることになります。

好きな仕事の企業に勤めるのも良いですし、一般企業でFPの経験を積んでFPとして独立開業していくという道も開けるでしょう。

FP資格を活かしたい方は金融業界だけではなく、一般企業にも目を向けて就職、転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

ご自身のキャリアアップの手助けになること間違いなしです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FPの仕事

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.