FP試験情報

FP試験前日の過ごし方が合格のカギを握る

投稿日:

試験というとFP3級、2級に限らずなんでも該当しますが、ドキドキと不安が入り混じりますよね。

本当にこれで良かったのか、やり残したことはないのか。

いろいろなことを考えてしまいます。

試験前日となると、もうその不安はMaxに。

もう何をやってよいか分からないという方も多いかと思います。

そういう時こそ、落ち着きが必要です。

今回は、試験前日はどのように過ごせばよいのかご紹介します。

こんな方におすすめ

  • FP試験前日にどのように過ごせばよいかわからない
  • 試験当日に備えて確認事項をチェックしたい
  • やり残したことがないか確認したい
SPONSORED LINK

最低限過去問はやっておこう

試験1週間前の確認事項として、過去問を実戦形式で行うことをお勧めしています。

試験前日になってもまだ終わっていない方は、ぜひ実施しましょう。

試験前日でも直前の過去問を行うことで、どのような問題が出題され、自分は解けるのかを確認することができます。

間違った問題については、テキストを確認して自分なりの解き方を確認しておきましょう。

間違ったところは決して放置せず、間違いがなくなるまで解いておきましょうね。

過去問が試験当日に役に立ったということもよくある事です。

最後まであきらめずに、やり抜きましょう。

ポイント

過去問は必ず解いておくこと!

最後まで諦めない気持ちを!FP試験1週間前の心構え

資格の試験日にはできれば余裕をもって望みたいものですよね。 でも最後の最後まで追い込みをしている方も多いかと思います。 あと少しなのだから、最後まで諦めない。 その気持ち非常に大切です。 試験日まであ ...

続きを見る

SPONSORED LINK

試験当日の持ち物の確認

試験当日に慌てないように、試験前日の当日の持ち物をチェックしておきましょう。

持ち物は受検票に記載されていますので、もれなく確認しておきましょう。

受検票と同じく重要なのが、本人確認書類が必要です。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど指定された本人確認書類が用意しておきましょう。

本人確認書類によっては、受検票に顔写真を添付しないとなりませんので、忘れずに対応してくださいね。

電卓も忘れずに用意します。

試験前日まで勉強していると思いますので、夜の勉強が終わったら試験にもっていくカバンに入れておきましょう。

間違っても持ち込み禁止の電卓を持っていかないようにしましょうね。

使用禁止の電卓を持って行って、試験で電卓が使えなかったという人もいますので。

初めてFP試験を受ける方は注意しましょう。

電卓については以下の記事に書いておきました。

忘れないように準備しておきましょう。

FP3級を独学で合格するために準備するもの

FP3級はしっかり勉強すれば独学で合格できる資格です。 FP3級はFPの知識を広く浅く問われますので、ポイントを押さえて勉強すれば必ず合格圏に届くのです。 FP3級の合格率をみれば分かると思いますが、 ...

続きを見る

最後に用意していほしいのが、腕時計です。

受検票の持ち物には書いていませんが、腕時計はあると便利です。

試験会場によっては、時計が設置されていない場所があります。

普段、時間の確認はスマホで済ませているという方も、スマホは試験で使用できませんので、時間を確認することができなくなります。

ない方は安いもので構いませんので、腕時計を持っていくようにしましょう。

持って行くもの

・受検票
・本人確認書類
・筆記用具
・電卓
・腕時計

受験会場場所の確認

受験会場の場所は、受検票に記載されていますがほとんどの人が言ったことがない場所かと思います。

どのようなルートで行けばよいか、事前に確認しておきましょう。

余裕をもって会場に到着できるように予定しておきましょう。

万が一の場合に備えて、いくつかのルートを確保しておくと安心です。

事前に下見に行くということも考えられますが、そこまでしなくても大丈夫かと思います。

受験生みんな同じ会場を目指していくと思いますので、最悪最寄駅からついていけばよいです。

時間だけは気を付けましょう。

当日の昼食の準備

何かと悩むのが、当日の昼食です。

FP試験は、午前と午後の2部構成のため、途中でお昼を挟みます。

試験会場の近くで済まそうとか、会場に向かう途中で購入しようと考えているとランチを取れなかったという事態になりかねません。

試験会場の食事場所は受験生で満席だったとか、休日でやっていなかったとか、試験会場に向かうコンビニの食べ物が売り切れだったとか、レジがすごい並んでいたとかいろいろと不測の事態が起こりかねません。

試験当日の昼食は、事前に準備しておくか、家の近くのお店で購入して行くことをお勧めします。

最後は試験に備えて早めに就寝

最後に言えることは、試験に向けて徹夜するのではなくて、試験前日ぐらいは早めに就寝しましょう。

脳が疲れていると、試験当日に高いパフォーマンスを発揮できません。

不安な気持ちはわかりますが、自分自身を信じましょう。

前日まで新しいことを詰め込んでも、翌日にそれが出題されることは稀です。

今まで行ってきた勉強を信じて、早く寝るべきです。

まとめ

いろいろと準備することとして記載しましたが、最後の最後は体調となります。

体調管理は1週間前から試験当日に備えて行っていきましょう。

試験当日に体調が悪いと、自分の実力の半分も発揮できなかったということになってしまいます。

試験当日に寝坊は厳禁ですよ。

試験に備えて、起きる時間も整えていくということも大切です。

試験当日に最高のパフォーマンスを出せるように、試験前日は確認事項、チェックのみにして翌日に備えましょう。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-FP試験情報

Copyright© Financial Planner Labo , 2019 All Rights Reserved.